解決しよう、うつの悩み。

日本人に多い問題

日本人に多いといわれる心の病

現在、日本には多くのうつ病患者がいるといわれています。 うつ病とは、精神的な疾患で主な症状としてはやる気が起きない、人に会うのが嫌になる、理由はないのに消えたくなったり、落ち込んだり、ただただ悲しくなるといった精神的な症状と慢性的な頭痛や過食、肩こりや吐き気、睡眠障害や寝過ぎてしまうなどの身体的な症状など様々あります。 このようなうつ病は現在薬などでの治療と病院の長期通院などでゆっくりと改善していくものです。 このようなうつ病は、いったいどのような原因で発病してしてしまうのでしょう。また、うつになりやすい性格などはあるのでしょうか。 今回は、うつ病の原因やなりやすいといわれる性格などを紹介していきます。

原因やなりやすい性格

それでは、うつ病の原因とはいったいなんなのでしょうか。 一般的にもっとも多いといわれているのは、過度のストレスです。 現在の社会ではストレスをため込む事も多いと思います。それと比例してうつ患者も増えてきているのですね。 また、慢性的な疲労や甲状腺の異常など身体的な原因からうつになるケースもあります。 そして、うつになりやすいといわれる性格もあります。 それは、真面目で責任感が強く、人あたりもよい性格の方は、自分で思っているよりもストレスをため込み過ぎてうつになりやすいとも言われています。 また、男性よりも女性や高齢の方のほうがうつになりやすいとも言われています。 このような原因でうつになるのです。すこしでもストレスをため込まない事がうつに負けない精神作りとも言えますね。